房総半島の戦跡を巡る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の下調査
下の画像は仕事の合間に立ち寄った香取市(旧山田町)の想定ポイント。

事前の隊長情報によれば、兵力は28H×1  TA(速射砲中退)×1  i(歩兵)1個大隊らしい。

はたしてこの地区に本当に実在したのか・・・・   半信半疑だったが、現地についてまもなく、軽トラのおじいちゃんに

訪ねてみたところ、1発ヒットした!

北寄りの集落の中に、かなりしっかりしたものがあるらしい・・・・

また、この車を止めた北側の斜面下にも小規模ながらいくらか、あったとか・・・・

時間もないし、自分の役目はこれでよい。

戦力が整っているときに、いかに効率よく散策できるか、ネタの仕込みで十分だ。

これで見つけてある震洋、旭と合わせて次回の銚子方面はかなり熱いものになることはまちがいないだろう。




香取調査-1



お次は南の方角にシフト。

一宮付近の八積という場所。

ここも拠点を構築したという記録がマークされている。

とはいっても詳細な文献がのこっているわけでもないが・・・・

ただ漠然と、地形図を見て自分だったらここだ!  ・・・・行ってみる。

車の右側にポッカリと・・・・半分埋まりかかった壕を発見。

八積-1




自分の想定した場所で見つけると、妙に気分がよい。

覗き込むと奥の方で左右に分岐しているようだ。

ここもこれでよい。

これを足がかりにいずれメンバーと攻めることとする。


八積-2
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。