房総半島の戦跡を巡る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の下調査
下の画像は仕事の合間に立ち寄った香取市(旧山田町)の想定ポイント。

事前の隊長情報によれば、兵力は28H×1  TA(速射砲中退)×1  i(歩兵)1個大隊らしい。

はたしてこの地区に本当に実在したのか・・・・   半信半疑だったが、現地についてまもなく、軽トラのおじいちゃんに

訪ねてみたところ、1発ヒットした!

北寄りの集落の中に、かなりしっかりしたものがあるらしい・・・・

また、この車を止めた北側の斜面下にも小規模ながらいくらか、あったとか・・・・

時間もないし、自分の役目はこれでよい。

戦力が整っているときに、いかに効率よく散策できるか、ネタの仕込みで十分だ。

これで見つけてある震洋、旭と合わせて次回の銚子方面はかなり熱いものになることはまちがいないだろう。




香取調査-1



お次は南の方角にシフト。

一宮付近の八積という場所。

ここも拠点を構築したという記録がマークされている。

とはいっても詳細な文献がのこっているわけでもないが・・・・

ただ漠然と、地形図を見て自分だったらここだ!  ・・・・行ってみる。

車の右側にポッカリと・・・・半分埋まりかかった壕を発見。

八積-1




自分の想定した場所で見つけると、妙に気分がよい。

覗き込むと奥の方で左右に分岐しているようだ。

ここもこれでよい。

これを足がかりにいずれメンバーと攻めることとする。


八積-2
スポンサーサイト
勝浦で・・・・
初詣の帰り。

勝浦の墨名で、崩落防止ネットの奥になにかあるように見えたので近寄ってみた。



勝浦墨名-1



あった!

壕口は二つ。   

ふたつともなかなか大きな空間で、奥で左右に分岐しているように見える。

勝浦は現状、まともな成果は野々塚しかないのでこれも要調査対象としておこう。

次回は再度串浜あたりを見てみたい。
勝浦墨名-2
森の木拠点
東金には、東金インター付近に森の木拠点があったらしい。

おおよそ下図のあたりであろうと思われる。

資料によれば歩兵1個大隊規模 さらに、15K×1  15H×3 と重砲もいるようだ。

確かに・・・・  71高地あたりに15Kを据えれば、126を縦射できるわけで、絶好の位置といえよう。




20年6月23日 

第三期築城指令によれば、工兵作業隊に対して、「速やかに森の木拠点を概成し、事後

酒蔵、古内地区の陣地構築に任じ、8月末までに約半分を概成とある。」

いつごろから着手していたのか、進捗度合いは!?、

これらの存在を近々確認してみたい。

新たな発見を期待して(-^〇^-)


Y森の木拠点
大網で15Kを発見していた・・・・!?
さて・・・・

今週は、少々時間的余裕があったため過去のデーター整理なんぞをしておったわけですが、

その中で隊長からのいただきもの資料のホルダーがありまして・・・・

これがけっこうあるんですよ。

中身を地区ごとに振り分けておりましたところ。

ん・・・・(´д`)、 過去にいただいていた大網の砲兵兵力配置図の画像が出てきたわけですよ。

え・・・・  こんなのもらってたんだァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!!・・・・って

全然記憶にないんですけど・・・・

・・・・で、良くみると。


DSC_0480.jpg


先日、祐実総軍さんを初めて招待した時に、案内した不明な巨大壕。

当初は推定15H!?  にしてはでか過ぎるよね。

形も変だよね    戦車壕か!?

などと推定したわけですが、この兵力配置図を見ると明らかに洞窟式の15K陣地だと特定。

しかも×2門。

位置もピツタリ。



15K-1.jpg

15Kの洞窟式はでかい!  

・・・・というのはわかっていたが、これがそれと特定できた事は大きな成果。

初の15K特定ということで、きっちり計測せねば。←久々にやる気になりました。


15K-2.jpg


という事はですよ。

そのすぐ近くにあるこの不明壕×2は、砲側庫である可能性が高いですねーーー

そのように、推測して、図を書いてみようと思います。


推定砲側庫1
砲側庫1




推定砲側庫2
砲側庫2

※  資料によれば大網は15K×2 (特定済)   15H×4(1門は特定済) 残るは3門なわけですが

    この残りの3門の位置がこの配置図に記されているわけですよ。

    しかも3門並んで配置されてます。

    地区的にもけっこうな山の中なんで、きっとあるに違いないと確信( ̄▽ ̄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。